ブログ村 - ランキング参加中!

2018年12月8日土曜日

キーレス、アクチュエーター交換


5年半ぶりにプリメーラのキーレスが壊れました。
https://pri-mode.blogspot.com/2013/02/blog-post_24.html
以前も故障した事があるので察しは,なんとなくつきます。
きっと、ロックを開閉するアクチュエーターなるモーターがまた故障したのでしょう。
と思い内張り剥がしてみたところ、モーターは正常でした。
そのかわり、モーターの開閉と連動させる繋ぎの部品が経年の開閉運動により
金属疲労で半分に割れており、それが原因のようでした。
たった一つの金属部品が壊れただけで結局はモーターごと買うことになってしまいましたが、それでも部品が2,000円以内で入手できるので助かります。

しかし25年経った車の内張り剥がしは脱着する度に、
ねじれが起こることで内装の破れが酷くなっていくのが悲しいですわ。。(TT)
以下、備忘録。


キーレスの開閉時に作動するこの連結金具の部品が金属疲労で真っ二つに・・・
無事交換し、動作確認して作業は終了。
あとは、
ついでにホルツの錆チェンジャーで内部の錆部分をコーティングしました。


その他、最近になって音割れが気になっていたFスピーカーに目を向けると・・・
 こちらはエッジが寿命を迎え一部割れていました(TT)

悩んだ挙句・・・木工用ボンドでコーティング(笑)

音量を上げても問題なくなり、直ってビックリです^^;

あとは、、
最近になって、コンポが壊れました。
電源が入りません(TT)
なにかしら物を探して交換しなければいけません。
次から次に壊れ続けます。ハゥ~



”あなたが選ぶ ベスト・オブ・トミカ2018”



早いもので12月。
気が付けば、4カ月ぶりの更新です^^;

さて、今年もこりずにあなたが選ぶ ”Best of Tomica 2018”を開催しました。
現在の途中経過をみますと、
1位 No.35 メルセデスベンツ Gクラス
2位 No.62 ラフェラーリ、No.106 ホンダ N BOX
3位 No.58 ホンダ シビック TYPE R、No.76 トヨタ プリウス PHV GR SPORT
になってます。

まだ発売前ですが、今年最後にはNo.13 日産 GT-R NISMO GT500の
発売も控えています。
久しぶりのスーパーGT500仕様の発売です。
以前発売されたものよりだいぶリアルになっていそうで
こちらも楽しみな1台です。

”あなたが選ぶ ベスト・オブ・トミカ2018” どうなることでしょうか?
24車種の中から今年の一押しをどうぞ教えて下さい。


2018年8月19日日曜日

【赤箱トミカ】2018年8月の新車




トミカ 2018年8月の新車は、
No.005 トヨタ ダイナ レッカー車
No.062 ラフェラーリ
が発売されましたね。

もちろん巷の話題は26年ぶりのフェラーリに集中しています。
そんな中、
今回発売されたもう1台の新車は、トヨタ ダイナ レッカー車。
こちらは7年ぶりのレッカー車の登場です。
2011年6月に廃番となったNo.2-4 三菱ふそう キャンターレッカー車
以来ですので私的には待っていました!と言った感じです。
やっぱり、トミカのラインナップの中にレッカー車必要ですw

牽引して遊びたいですから~ww
近く、JAF仕様の登場に期待したいな。

さて、
主役のフェラーリですが、
今回もネットの予約はできず店頭買いです。
いつものイオンに開店15分後に到着したら、既に通常カラーの赤は完売。
驚きました。
しかし、初回カラーは残っており、ホッ。とできました。
店員さんに聞くと各色とも15台しか入荷がなかったとの事です。
もちろんお一人様各1台のみの購入制限付き。

トミカコーナーには先月の新車スイフトの初回カラーがまだ4台もありましたが・・・

長年通っているイオンですが、
発売当日の午前中に売り切れがでていることは今まで一度もなかったです。
そのくらい入荷台数があったと思われますが、今回の15台はちょっと少なすぎですね。
ライセンスの関係で制作数量の制限があったの?と思いたくなる気がしました。

肝心のフェラーリの出来ですが、バツグンですね。
ヘッドライトのクリアパーツはもちろん、内部にもLEDらしき装飾も施されていますし、
何より、リアのテールにも言えることですがボディとのチリ合わせが凄くいいです。

ほかにも2Gホイールなど前後異形を履かせてスーパーカーを強調しています。
初回のブラック塗装も艶やかなツヤを放つほどの光沢がありました
とにかく全体のディテールがいいかなりの力作を感じました。

早速、
ホワイトカラーのイベントモデル No.27 ラフェラーリが販売されるようですので
そちらも楽しみです。

----------------------------------------------------
【8月の廃盤トミカ】
●No.005 シボレーコルベットZ06
●No.062 マツダ アテンザ 個人タクシー
----------------------------------------------------
トミカの情報なら【トミカの森】



2018年8月14日火曜日

懐かしい80'&90'車(いすゞ・ジェミニ)


街中で見かけた懐かしい車たち!

今回は、いすゞ・ジェミニ
2代目(1985年 - 1990年)
懐かしの2ケタナンバーでした。

この車を見るとやはり、
「街の遊撃手」をキャッチコピーにデビューした当時のCMを思い出します
2台のジェミニがヨーロッパの街並みを背景に、CGがなかったあの当時に
あれだけのアクロバティックな演技・・・
新しいバージョンのCMが登場するたびにどんどんエスカレートしていき、
最後は車ごと地下鉄に入って中を通りまた地上に出てきましたから・・・(汗

今だと問題がありそうな演出ですね(笑
しかし、ハンドリング・バイ・ロータスのグレードを強くアピールする
効果は絶大なものがあったと思います。

そんな、いすゞも平成14年に日本国内での乗用車部門から完全撤退をして、
あれからもう16年が過ぎました。
きっといすゞ車のオーナーは維持されるのが大変でしょうね。

みかけたジェミニは、オリジナルと思われる塗装も綺麗で、
樹脂パーツも程度よく、水弾きよくワックスもばっちりでした。
純正?オプション?社外?。いづれかわかりませんが、
BBSの赤ロゴ入りのホイールがとても似合っておりました。
これからも大事に乗り続けて欲しい1台です。

レギュラートミカでの発売は残念ながらありませんでしたが、
トミカリミテッド ヴィンテージ ネオから、
ZZハンドリング・バイ・ロータスとして写真と同色が発売されていました。

トミカの情報なら【トミカの森】

2018年8月12日日曜日

今日のGSトミカ(No.24 SUBARU WRX STI)



給油に来た今日のトミカです(笑
-------------------------------------------------
トミカプレミアム
No.24
SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE
現行品
-------------------------------------------------

108円で購入したジャンク品。
所有されている方は直ぐにお気づきの事でしょう。

リアウイングがありません。
しかもトランクごとないというw

大事な部分がなくてもかっこ良いです。
さすがWRX。
トミカの情報なら【トミカの森】

LLC交換

夏の間にやる事。其の2。
LLC交換。
曇り空だったので、今だ!と思い作業を始めたら晴れてきたw
約3年ぶりの交換です。
全量交換でなくラジエター内のみの交換で、容量2.1L程度。
40%に希釈調整しました。

写真撮り忘れましたが、注入口にペットボトルのブツ切を当てて一応エア抜き。
それでも、今日から数日間は完全にエアが抜けるまで再度補充の繰り返しです。
交換時:109,247km


あとはインナーサイレンサーの取り付けだ。


トミカの情報なら【トミカの森】

2018年8月5日日曜日

カストロールGTX


夏の間にやる事。其の1。
オイル交換。

連日、危険な暑さ。
と報道されていますがそのとおりですね。
エアコンを使用しないと昼の部屋の温度は35度ありました(><)

プリメーラも夏バテ防止に7ヵ月ぶりのオイル交換でスッキリ(笑)

1月にAACバルブをアッセン交換したのに、
症状が再発しています。
こうなると、、エアフロかスロポジセンサーが悪さしているのでしょうか?・・・

とりあえず、AACのアイドルアジャストスクリューを90℃程廻して、
様子を見ます。
さて、明日以降どうなるか。。

古い車は、いろいろと悩みが尽きませんね。


今日のGSトミカはビッグフット


給油に来た今日のトミカです(笑
-------------------------------------------------
黒箱 No.061-4
トヨタ ハイラックス ビッグフット
発売期間 1988.1~2007.3
-------------------------------------------------

トヨタ・ハイラックスサーフ、三菱パジェロ、日産テラノといった車が
日本のRV車ブームを牽引した一時代がありました。
もちろんピックアップトラックであるこのハイラックスも人気の一端を
担っていたと思います。
その人気を裏付けるように、このトミカも20年近く発売され続けたようです。


そしてこのトミカのように、
リフトアップと呼ばれるハイリフト仕様のカスタム車が街中にけっこういました。
今では、化石的な存在になったようで見かけませんね。
少々さみしい気がします。



ブームはある程度繰り返すともいいますが、
今後又、RV車ブームは来るのでしょかね。

トミカの情報なら【トミカの森】

2018年7月22日日曜日

【赤箱トミカ】2018年7月の新車



トミカ 2018年7月の新車は、
No.085 三菱ふそう スーパーグレート
No.109 スズキ スイフトスポーツ
が発売されましたね。

今月は久しぶりにヨドバシ.comで初回特別仕様の予約ができたので、
店頭買いに出かけることもなく宅配便が届くのを自宅で待っていました。
午前中に通常品の2点と初回分は別箱で届きましたが、何だか送料が勿体ないですね。
ヨドバシ太っ腹です。

さて、これでスイフトは初代を除いて2代目~4台目まで全てリリースされました。



こうして歴代のトミカ スイフトを見てみると、
2Fホイールを履いたトミカが新車で登場しなくなってから久しいですが、
No.61-5のスイフトは、2Fホイールを履いていたんですね。

2007年の登場なので、あれから早11年。
造り込み、塗装共、確実に進化してますね。
特に最近のトミカで主流となっているシャシーのエアロ構造化。
これは、今月発売のNo.109-8に於いてもアンダーパーツの強調とリアル感の
両面でしっかりと生かされているように感じました。

残念なのは、初回特別仕様感がないことぐらいですかね。
一昔前の初回特別カラーと言った感じに終わってます。
せっかくスイフトスポーツとして登場させているので、
ワイドホイールを履かせるだけで簡単に初回特別仕様感もUPすると思うのですが・・・
惜しい。
----------------------------------------------------
【7月の廃盤トミカ】
●No.085 トヨタFJクルーザー
●No.109 フォルクスワーゲン ポロ パトカー
----------------------------------------------------

2018年7月8日日曜日

今日のリサイクルショップ

今日のリサイクルショップ。にしたタイトルですが、
行ったのは昨日です(笑

さて、週末のホビーオフはいつ行っても賑わっていますね。



そんな中、トミカの吊るしコーナーにあったトヨタ86。
一見してマクドマルドとのコラボモデル?と思ったカラーリングだったのですが、
さて、何だろう?
良くみるとサイドにTomica Hyperの文字。
自分の知らないバリエーション。

ルーフに擦れキズあるものの216円だったので、
手に握りしめてお会計。

自宅に帰り調べたところ、
2012.11.17発売
トミカハイパー Xランナー
初回特典オリジナルトミカ1台付き!(トヨタ86)

との事でした。なんだか嬉しいですね。
滅多にあることではありませんが、
このような出会いがあるからリサ店巡りはやめられません。^^;

過去に遭遇したミラクルな出会いも参考まで・・・
2014年6月   No.84 スカイラインレーシング 
2014年12月 まさかの発見!ドリームSLS


トミカの情報なら【トミカの森】

2018年6月23日土曜日

トミカカラーのDEMIO


前モデルのデミオを見かけました。
トミカカラーの色とは、なかなか珍しいですね。

【トミカ発売期間】 2008.04 - 2012.02

現行型デミオも発売されると思っていましたが、
発売されませんでしたね。
CX-3も・・・


2018年6月17日日曜日

【赤箱トミカ】2018年6月の新車



トミカ 2018年6月の新車は、
No.58 ホンダ シビック TYPE R
No.106 ホンダ N BOX
が発売されました。

いつものように、ヨドバシ.com初回特別仕様の予約競争に敗れたため
店頭まで購入にいきましたが、最近は購入数制限があるので少々遅くなっても
購入でき安心感があります。
そうは言っても、油断は禁物でしょうか?


さて、注目はやはりシビックのタイプR。
今回のモデルは渾身の出来と言っても良い出来栄えに驚きました。

そのポイントは2つです。
1、カーボン調のフルスポイラー
2、クリアパーツ一体形成形のフロントグリルとヘッドランプ

ランボのヴェネーノで初登場?した
アンダーシャシーを延長してスポイラー成型する手法ですが、
そこにカーボン調をプラスさせて登場するとはビックリです。
更にはストライプまで入っています。

又、クリアパーツ一体形成形のフロントグリルとヘッドランプは
リアリティがとても出ていて凄いです。






一時期、ピンククラウンが登場した頃は、
えっ。これが今回のクラウンなの。と、
毎回、力の入っていたクラウンモデルを知っているだけに
その登場に落胆したものです。
しかし、どうやら最近のレギュラートミカを見る限りその勢いは
右肩上がりのようですね。

前回モデルとのコラボ。進化が見て取れますね。
ただ、今回は残念ながら開閉アクションがありません。
全モデルでは、ボンネットが開閉し中に赤ヘッドのエンジンが鎮座しています。
これはこれで嬉しいアクションですね。

----------------------------------------------------
【6月の廃盤トミカ】
●No.058 ダイハツ ウェイク
●No.106 トミーカイラ ZZ
----------------------------------------------------





2018年6月9日土曜日

今日のGSトミカ(トイザらス限定 ホンダシビックTYPE-R)

給油に来た今日のトミカです(笑

トイザらス限定オリジナル
ホンダシビックTYPE-R
発売 H30年5月19日(価格648円)


自分でもびっくり。
初めてトイザらス限定トミカを買いました。

黒箱・青箱・赤箱・リミテッド以外の購入は収集を控えておりましたが・・・
昨年、東京モーターショーの会場で我慢しきれず並び・・・
他のイベントモデルもヤフオクでポチ買いし始め・・・

今回は、発売当日にトイザらス店舗まで遠征。。

お一人様1台限りではありましたが、
でも、その甲斐あったと思える出来栄えのシビックでした。

トイザの86レーシングも欲しくなりますネ^^;


実車の詳細はよく理解していませんが、
ニュルのアタック仕様を再現しているのでしょう。
かなり実車に近いリアルな仕上がりですね。
とてもカッコ良いです。
来週第3土曜日の定例トミカの発売日には、
いよいよ新型 No.58 ホンダ シビック TYPE R
が登場ですね。

いつもの如く、
初回特別仕様のネット予約ができなかったので、
店舗買いに直行しなくてはいけません!
2台欲しいけど。
入手できるかな^^;
トミカの情報なら【トミカの森】